お金借りる学生ガイド【無職でも銀行カードローンの即日融資OK?】

    
     

お金を借りたい学生の皆さんへ!

当サイトで学生さんにおすすめできるカードローンランキングはこちら↓

アイフル

実質年率年3.0%〜年18.0%(30日間無利息)借入限度額800万円
審査時間最短30分即日融資可能
詳細はこちら
公式サイトはこちら
アコム

実質年率年3.0%〜年18.0%(30日間無利息)借入限度額800万円
審査時間最短30分即日融資可能
詳細はこちら
公式サイトはこちら
プロミス

実質年率年4.5%〜年17.8%(30日間無利息)借入限度額1万円〜500万円
審査時間最短30分即日融資可能
詳細はこちら
公式サイトはこちら

今すぐお金が必要な学生さんへ

お金を借りたいと思っている学生さんの中にも、

「今すぐお金を借りたい!」

と思っている方もいるのではないでしょうか?

お金は急に必要になったりすることもありますからね!

この場合、学生さんにおすすめローンで紹介しているどれを利用しても良いというわけではなくなってきます。

時間がかかるケースだと、ローン用のカードが送られてくるまでにとても時間がかかることも...

ではどこで借りれば良いのでしょうか?

結論からいえば、今すぐお金が必要な学生さんは「アコム」「プロミス」のどちらかを利用されることをおすすめします!

この2つの大手消費者金融はどても対応が早く、スピーディーにお金を借りることができます。

銀行振り込みで即日融資を受ける場合、銀行の営業時間の都合もあり平日14時までに審査などがすべて完了していなければいけません。

14時までに審査や書類などをスマホを使ってアップロードすることが完了していれば、その日中にあなたの銀行口座に振込されているはずです。

親バレしないでカードローンって利用できるの?

カードローン業者からお金を借りることを親や家族にバレたくない!という学生さんも多くいるかと思います。

正直なところ、お金の問題はなかなか家族や身内にも相談しづらい部分もあります。

でも安心してください!昨今のカードローン業者は、利用される方のプライバシーにも配慮したサービスを提供してくれています。したがって親バレの心配することなく、安心してカードローン業者を利用することができると思います。

在籍確認は?親バレしない?

カードローンを利用する上で気になるのがやはり在籍確認ではないでしょうか?

電話連絡

審査の上での在籍確認は、>申込者のアルバイト先などに個人名で電話をかけてきます。カードローン業者名で電話をしてきて、アルバイト先にカードローンの利用がバレるといったことはないので安心してください。また、自宅や家のほうに電話がかかってくるケースもほとんどありえません。

返済の滞りなどがあった場合、返済の催促の電話がかかってくる場合がありますが、事前に携帯電話の番号を指定しておけば携帯電話のほうに連絡がきます。したがって、電話連絡がきっかけで親や家族バレしてしまうということはないといえるでしょう。

郵送物

カードローン業者からの郵送物によって家族にバレてしまう可能性があります。契約の際に住所を登録しなければならないので契約に関する書類やローンカードは家に送られてくるからです。

一人暮らしの学生さんであれば、別に家に送られてきても誰かに見られる心配はないでしょう。しかし実家ぐらしの方であれば郵送物を親に見られる可能性があります。

カードローン業者からの郵便物は基本的に、カードローン業者の名前はいれられていないので、封筒自体を見て、カードローン業者の書類とはわからないでしょう。

郵送物を送ってもらわない方法もある!

アコムとプロミスにまた限定されてしまうのですが、申し込み後書類やローンカードを無人契約機にとりに行けば書類は送られてきません。

その場で受け取るようになりますので。 ですので、もし書類などが送られてくるのが困るという場合には、アコムかプロミスに申込して書類を自らとりに行くようにしましょう。

中学生や高校生はカードローンでお金借りれる?

カードローンの審査は学生でも受けることはできます。しかし、どのカードローン業者も中学生や高校生まで審査を受け付けてはいません。

当たり前の話ですが、返済能力のない中学生や高校生にはお金を貸すことはできません。

アルバイトをしていて収入を得ている高校生だとしても、どのカードローン業者でも審査を受けることはできないでしょう。

カードローン業者を利用できる学生は、中学生や高校生ではなく、その他の学生(大学生・大学院生・専門学生)を指しています。

残念ですが、中学生や高校生の方は、あきらめるしかありません。

専門学校生や大学生はカードローンでお金借りれる?

カードローンは大学生や専門学生でも問題なく利用することができます。

ただし、20歳以上に達していることが最低条件になります。基本的に未成年はダメです。

この20歳という年齢は学生でなく社会人の方にも当てはまります。

つまり高校を卒業してちゃんと就職していても20歳以下の方はカードローンでお金を借りることはできないということです。

専門学校生や大学生の方がお金を借りるには、

  • 20歳以上
  • 一定の安定した収入を得ている

を満たしている必要があります。

一定の安定した収入とは、アルバイトでも問題ありませんので、その点の心配は必要ありません。免許証や本人確認書類は必要になります。

卒業までに返済を完了しないといけないの?

在学中にカードローンを利用してお金を借りた際、卒業までに完済が難しいというケースもよく見受けられます。

カードローンは利用限度内であれば、繰り返し利用することが可能だからです。

しかし、卒業までに完済しないといけないというわけではありません。卒業後もカードローンを利用し続けることは可能です。

両親や友人にお金を借りるのはやめておくべき?

お金がなくてどうしようもない場合、両親や友達にお金を借りるという選択肢もあるでしょう。両親や友人にお金を借りる場合、金利を支払わなくて良い可能性が高いのでそういった面ではお得だといえます。

しかし、「金の切れ目が円の切れ目」といわれているように親しい人たちの間でお金のやり取りがきっかけで疎遠になってしまうといったケースもあります。

今まで何の問題もなかった人間関係にお金が絡んでくると、これまで通りにはなかなか戻れず関係がぎこちなくなってしまいがちです。

後腐れなく借りれるという点ではカードローン業者からお金を借りるのが1番おすすめできます。

学生がカードローン利用する前に気をつけたいこと

はじめてカードローンを利用される学生さんに、サービスを利用する前に気をつけておいてほしいことをまとめてみました。

ぜひ参考にしてみてください。

☆カードローン申込み時に注意すべき3つのポイント

①アルバイト先の会社名を調べておく

いわゆる屋号(呼び名)ではなく、株式会社~・有限会社~など正式名称が必要となります。

意外と知らないので申込む前に確認しておくとスムーズに申し込みできます。

②アルバイトをはじめて1年未満の学生さんは、年収部分は1ヶ月分の給料を12倍して記入する

バイトしていないのに嘘をついて借りた場合、嘘がばれると申し込みブラックになってしまいます。

絶対に嘘は書かないようにしましょう。

③保険証区分を確認する

20歳以上の学生さんならまず「国民健康保険」と思いますが、一応念のため自分の保険証を確認しておいてください。

また他の市区町村で一人暮らしをしている学生さんは、

  • 「遠隔地被保険者証」
  • 「国民健康保険学生用保険証」
  • 「マル学・マル学保険証」

などの保険証をお持ちかもしれません。

しかし、これらの保険証も「国民健康保険」からの派生です。したがって「国民健康保険」を選びましょう。

カードローン審査に通過するために気をつけたい3つ

①嘘は絶対に記入しない

当たり前のことですが、嘘の情報は絶対に記入しないようにしましょう。

もちろん、他社からの借入れがあれば、そのことも記入して下さい。

金融機関はそういった情報はきっちり連携しているので、嘘を書くと必ずバレてしまいます。

下手をすれば申し込みブラック扱いになってしまうので気をつけましょう。 (申込ブラック:申込自体が出来なくなる事)

②連絡がとれる電話番号を記入する(固定電話がなくとも携帯で大丈夫です)

書類だけで審査通過すれば問題はありません。

しかし、不明点がある場合は学生ローン・キャッシング会社から電話やメールで連絡がきます。

その際にちゃんと連絡が取れる電話番号を登録しておきましょう。

③利用金額は10万円までにする

学生は50万円以上いきなり借りることはできません。

基本的に学生は収入が少ないですし、そもそも学生がなぜその様な大きなお金が必要なのか?と言う事で問い合わせがくるので、審査に向けてお金の借入額は10万円までにしておきましょう。

不安ならWEBの公式ページから返済シミュレーションしていみるのも良いでしょう。

学生がお金を借りる時の金利について

どこでお金をお借りるか調べていると、会社によって様々な金利の設定がある事に気づくと思います。

銀行系のカードローンなどは少し低めになっていますが、その分審査が厳しいと言われており、学生の収入では なかなか審査を通過しないのが現状です。

したがって、学生であれば実際に借りれるのは消費者金融系の学生ローンとなります。(大元は銀行ですが…) 消費者金融系でもある程度金利の幅はありますが、おおよそ4.5%~18%の間で設定されています。

実際に借りるなら少しでも低い金利で借りたい所ですが、残念ながらこれは自分では決める事は出来ず、あなたの借入れ限度額より金利が決定されるのです。

もちろん、申込み当初から最大の借入れが出来れば良いのですがそうは行きません。

学生の借入限度額は10万円

初回契約時は社会人で多くとも 50万円が限界です。学生の場合、初回契約は10万円が限界とみておきましょう。

そこで金利はどうなるかと言うと少額の場合は金利が高く設定されており、限度額(信用度が上がる)が上がると金利は低くなっていきます。(最低金利は限度額が最大になった時と思ってください) そうすると、まずどの学生が借りれるカードローンでも最大の金利が適用される事になります。

そこからキチンと返済し、信用を積み重ねていけば限度額の枠を広げてくれます。

その限度額の枠が広がると同時に、限度額に応じた金利が適用される事になるのです。 (この限度額と金利の関係はあまり公開されていないのが実情です)

ですので、金利が低いからここから借りる!と言っても、少し調べれば分かりますが消費者金融系の初期の金利はほぼ変わらないのが実情です(大体が18%なので…)ですので、金利よりもあなたの状況に応じた学生ローンで借り入れる方が大事なのです。

奨学金を借りる場合

学生がお金を借りることを考えたときに一番に出てくるのが奨学金の利用ではないでしょうか?

多くの場合、学校の方で奨学生を募集しています。利息なしでOKのの第一種奨学金および、利息ありの第二種奨学金があります。

この2種類の奨学金は、学生の学力や親の収入が審査されたうえで振り分けられています。

学生課に書類を出し合否を待つのが一般的な借り方でしょう。 何かとお金が必要な学生生活。奨学金は一番に考えたいところですね。

以下で奨学金のメリットをまとめてみました。

奨学金のメリット

✓経済的に進学が厳しい家庭でも利用できる

✓奨学金は社会から認知されている

✓返済開始は社会人になってからで良い

奨学金を利用する上での注意点は?

奨学金を実際に利用する場合、次の事項に気をつけましょう。

奨学金を借りるには親の許可が必要

奨学金の利用するためには、親の許可が必要です。

奨学金は月に3万円~12万円借りることができます。ただし、この金額を4年間借り続けると、総額として144万円~576万円に積み重なります。

保証人

奨学金は多くの場合、保証人を2名以上付けなければならず、親は絶対に保証人にならなければなりません。

自分の意志で自由にお金を借りることができないのは大きなネックと言えるでしょう。

奨学金の完済は35~40歳になることもある

奨学金を利用してお金を借りると、卒業後返済しなくてはいけません。

学校を卒業してから半年後に指定の口座から引き落とされ始めます。 そうなると、繰上返済を意識しておこなわない限り、完済が35~40歳になる人も出てきます。

学部を卒業後、院や別の学校に進学する学生は支払いを延長する手続きをとらなくてはいけませんので、注意が必要です。

すぐにお金を借りれる訳ではない

奨学金の場合、基本的にどの学年でも4月に申請をしなければいけません。

いつでも自由にお金が借りられないのは、大きなデメリットといえるでしょう。

一応、随時申込ができる「緊急採用」もあります。しかし、借入するための条件があるので、結局のところ基準を満たさなければ、お金を借りることはできないのです。

奨学金のデメリット

  • 奨学金を借りるには保証人が必要
  • 返済が30代後半になるまで続く可能性も
  • すぐに借りることはできない

自己アフィリでお金を稼ぐ

お金を借りるのもよいですが、自己アフィリをしてお金を稼ぐのも良いでしょう。

自己アフィリとは

自己アフィリとは、ASPサービスに登録されているセルフバック案件の要件作業をこなして、報酬を得ることです。

クレジットカード作成やFX口座開設がおすすめ

学生さんでもこなせる自己アフィリ案件として例えば、クレジットカードの作成やFX口座の新規開設などがあります。

アイフル

実質年率年3.0%〜年18.0%(30日間無利息)借入限度額800万円
審査時間最短30分即日融資可能
詳細はこちら
公式サイトはこちら
アコム

実質年率年3.0%〜年18.0%(30日間無利息)借入限度額800万円
審査時間最短30分即日融資可能
詳細はこちら
公式サイトはこちら
プロミス

実質年率年4.5%〜年17.8%(30日間無利息)借入限度額1万円〜500万円
審査時間最短30分即日融資可能
詳細はこちら
公式サイトはこちら

PAGE TOP